家族葬のデメリットの存在

家族葬のデメリットの存在 お葬式のかたちは、時代とともに変化していくものです。社会が変わっていく以上、常に同じような形式を取り続けているわけではありません。その中で生まれてきたのが家族葬ですが、メリットもあればデメリットも存在するのは忘れてはいけません。有効な方法であることは間違いありませんが、理解したうえでおこなっていかなければ、あとからもめ事を増やしてしまうことも出てくるからです。お葬式という性格上、どうしても避けて通れない部分もあることを理解して、行うことが必要になってきます。

お葬式にはいくつかの別れがあることが重要です。家族葬にもかかわってきますが、故人と家族がわかれることも重要ですし、宗教的な別れは現世という考え方に基づいています。この辺りは宗教色的な違いも出てくるでしょう。家族の別れだけではなく、友人や社会的な部分との別れというのも重要になってくる部分です。

この部分が家族葬では薄くなりがちなのが問題点となってきます。お別れの儀式であるとしても、家族葬にはどうしても小規模に収めるという目的があるでしょう。これがわかれという部分に大きな影響を与えてしまうため、デメリットになってしまう部分です。回避できるような方法も考えていかなければいけませんし、のちに禍根になったりしないようにしなければ、家族葬にした意味が薄れてしまうことになります。

家族葬にはいろいろなメリットがあるのも間違いありません。このメリットは他の葬儀方法では実現できない部分も多数あります。家族葬が認知されてきている現状もうまく活用していくことで、デメリットを打ち消していくことができるのも間違いありません。どこまで認識しているのか、葬儀社との連携なども必要になってくるでしょう。小さくまとめてしまうことは、悪いことではありません。家族で悲しむ時間を取っていきたいと思うのも当然のことでしょう。だからこそ、後悔につながるようなことにならないように考えていかなければいけません。

実際に浸透してきたとは言っても、まだまだ理解されないこともあるでしょう。自分はと区別であると考える人も出てきます。それなのにもかかわらず家族葬ということで排除されたと考えてしまうこともあることを理解しておかなければいけません。心理的な部分もいろいろとかかわってきます。それぞれが持つ心情的な部分もありますので、参考にしながら後悔しない家族葬にしてみてはいかがでしょうか。

最新ニュース